イオン・オゾン脱臭、集塵、院内感染防止、除菌装置の製造販売 アイテクノス

当社の「テクノス・クリーン」は、「脱臭」、「除菌」、「集塵」、「院内感染防止」、「鮮度保持」に強い効果を発揮します。また、マイナスイオン・オゾン発生装置の特許公開もしており、お客様に自信を持ってお勧めできる、優れたイオン・オゾン脱臭装置です。

脱臭、除菌、集塵さらに殺菌まで!一台で「空気がおいしい」環境を実現

マイナスイオンとオゾンの混合風当社の「テクノス・クリーン」は、大量マイナスイオンと極微量オゾンの併用(混合エア処理)による脱臭除菌の原理を採用しています。ファンモーター及びフィルターを使用していないので、静音性を求められる療養室や病院などに最適です。

ダウンライト型設備方式は業界初、照明器具取り付けと変わらない工事で工期の軽減も期待できます。

その他特徴の詳細は→こちら

イオン・オゾン脱臭装置の効果やマイナスイオン・オゾンの
発生原理を、図を使ってご説明いたします。

→詳細はこちら

 

設計事務所様に最適な仕様を詳細にご案内致しております。
設計サイドからの観点で設置事例も配線図でご説明します。

→詳細はこちら

脱臭装置としての役割
マイナスイオン・オゾンで分解 臭い成分をマイナスイオン・オゾンで化学的に分解して脱臭します。老人ホーム、病院、レストラン、ホテル、在宅介護の部屋などで効果的です。
カビ発生防止装置としての役割
空気中のカビの繁殖を抑制
マイナスイオンは空気中に分散したカビ(悪玉菌)をキャッチし、栄養素を取らせず繁殖を抑制するためカビ発生防止効果があります。
集塵装置としての役割
ミクロン単位の浮遊塵の集塵
負電極が放出する電子が浮遊塵に付着し、マイナス化して正電極で磁石の原理を応用して集塵します。

院内感染防止装置としての役割
ウイルス性感染症の予防装置
空気中に浮遊するインフルエンザ、結核菌や黄色ブドウ球菌などを殺菌して空気感染などを防止します。
鮮度保持装置としての役割
オゾンで新鮮なまま
野菜、果物の表面に付着して腐敗する大きな原因のエチレンをイオン・オゾンの混合ガスが瞬時に分解して鮮度の期間を延ばします。
テクノス・クリーン 装置としての様々な役割


イオン・オゾン脱臭装置よくあるQ&A

原理や脱臭力・殺菌力、どのような場所に効果的なのか?などの質問にお答えします。→詳しくはこちらから